×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   ツバメの巣Top > Study > English > Charlotte's Web 1
*
Charlotte's Web 1
T. Before Breakfast
( 1.朝ごはんのまえのできごと)

"Where's Papa going with that ax?" said Fern to her mother as theywere setting the table for breakfast.
(「父さんは、斧を持って、どこへ行くの?」お母さんを手伝って、テーブルに朝ごはんのお皿を並べていたファーンが聞きました。)

"Out to the hoghouse," replied Mrs.Arable. "Some pigs were born last night."
(「ブタ小屋よ。ゆうべ、ブタの赤ちゃんが生まれたのよ。」お母さんが答えました。)

"I don't see why he needs an ax," continued Fern, who was only wight.
(「だったら、おのを持っていくことないんじゃない?」まだ8歳のファーンは、なおも聞きました。)

"Well," said her mother, "one of the pigs is a runt. It's very small and weak, and it will never amount to anything. So your father has decided to do away with it."
(「赤ちゃんのうちの1頭が、出来損ないなのよ。とても小さくて、弱くて、どうやったって大きくなれっこないのよ。だから、父さんはしまつする事に決めたのよ。」)

"Do away with it?" shrieked Fern. "You mean kill it? Just beacause it's samller than others?"
(「しまつするって?殺すっていうこと?他のより小さいからっていうだけで?」ファーンは、甲高い声でさけんでいました。)

Mrs. Arable put a pitcher of cream on the table. "Don't yell, Fern!" she said. "Your father is right. The pig would probably die anyway."
(お母さんが、クリームを入れたつぼをテーブルに置きながら言いました。「怒鳴らないでちょうだいな、ファーン。父さんは、ちゃんと考えておいでなのよ。そのブタは、どっちにしても生きていけないでしょうからね。」)

Fern pushed a chair out of the way and ran outdoors. The grass was wet and the earth smelled of springtime. Fern's sneakers were sopping by the time she caught up with her father.
(ファーンは、いすを押しのけて、外に走り出ました。草が夜露にぬれていて、地面は、春のにおいがしています。お父さんに追いついたときには、ファーンのスニーカーは、露でぐしょぐしょになっていました。)

"Please don't kill it!" she sobbed. "It's unfair."
(「ころさないで!かわいそうよ。」ファーンは、泣いていました。)

Mr.Arable stopped walking.
(お父さんは、足を止めて、やさしくいいきかせました。)

"Fern," he said gently, "you will have to learn to control yourself."
(「ファーン、そろそろ自分の気持ちを抑えられるようにならなくちゃな。」)

"Control myself?" yelled Fern. "This is a matter of life and death, and you talk about controlling myself."
(「自分の気持ち?」ファーンは、大声を張り上げました。「生きるか、死ぬかってときなのに、気持ちをおさえろですって?」)

Thers ran down her cheeks and she took hold of the ax and tried to pull it out of her father's hand.
(ファーンの頬を、涙がつたっています。ファーンは、お父さんの手から、斧をもぎ取ろうとしました。)

"Fern," said Mr.Arable, "I know more about raising a little of pigs than you do. A weakling makes trouble. Now run along!"
(お父さんが言いました。「ファーン、私はブタの育て方に付いちゃ、おまえよりくわしいんだぞ。ひよわなのを生かしておいても、やっかいなだけだ。さあ、もう向こうへ行ってなさい!」)

"But it's unfair," cried Fern. "The pig couldn't help being born small, could it? If I had been very small at birth, would you have killed me?"
(「でも、かわいそうよ。小さく生まれたのは、赤ちゃんブタのせいじゃないでしょ?もし私が生まれたとき、とても小さかったら、父さんは私を殺してた?」ファーンは泣きながら言いました。)

Mr.Arable smiled. "Certainly not," he said, looking down at his daughter with love. "But this is diffrent. A little girl is one thing, a little runty pig is another."
(おとうさんは微笑みました。「そんなことするわけないだろう。」そして、お父さんは、いかにも愛しそうに、むすめのファーンを見下ろしながら、言葉をつづけました。「だが、それとこれとは、べつなんだよ。小さな女の子と、小さな出来損ないのブタでは、話が違うんだ。」)

"I see no difference," replied Fern, still hanging on to the ax. "This is the most terrible case of injustice I ever heard of."
(「違わないわ。こんな不公平な話、きいたことないもの。」ファーンは、まだお父さんの斧にしがみついたまま、言いました。)

A queer look came over John Arable's face. He seemed almost ready to cry himself.
(お父さんのジョン・エラブルさんの顔に、不思議な表情が浮かびました。娘につられて、自分まで今にも泣きそうになっていました。)

"All right," he said. "You go back to the house and I will bring the runt when I come in. I'll let you start it on a bottle, like a baby. Then you'll see what trouble a pig can be."
(「よし、わかった。おまえはうちに戻っていなさい。私はその出来損ないをつれてくるよ。そんなに言うなら、哺乳瓶で育ててみなさい。ブタを育てるのがどんなに大変なことか分かるだろう。」)

When Mr.Arable returned to the house half an hour later, he carried a carton under his arm. Fern was upstairs chsnging her sneakers. The kitchen table was set for breakfast, and the room smelled of coffee, bacon, damp plaster, and wood smoke from the stove.
(それから、30分もして家に戻ってきたお父さんは、ボール箱を抱えていました。ファーンは2階で、スニーカーを履き替えていました。台所のテーブルには、朝ごはんが並んでいて、コーヒーと、ベーコンと、しめった土壁と、ストーブで燃えている薪の煙のにおいがしていました。)

"Put it on her chair!" said Mrs.Arable set the carton down at Fern's place. Then he walked to the sink and washed his hands and dried them on yhe rolled towel.
(「それ、ファーンのいすにのせてちょうだい!」お母さんに言われて、お父さんは、ボール箱をファーンのいすの上におきました。それから、お父さんは流し台に行って手を洗い、輪にしたタオルで、その手を拭きました。)

Fern came slowly down the stairs. Her eyes were red from crying. As she approached her chair, the carton wobbled, and there was a scratching noise. Fern looked at her father. Then she lifted the lid of the carton. There, inside, looking up at hr, was the newborn pig. It was a while one. The morning light shone through its ears, turning them pink.
(ファーンが、ゆっくりと階段を下りてきました。泣きはらした目が真っ赤です。いつも座るいすのほうへ行くと、上に載っているボール箱がゆらゆら揺れるのが見えました。ガリガリと引っかくような音も聞こえます。ファーンは、お父さんの顔を見ました。ボール箱を開けてみると、なかには、生まれたばかりのブタの赤ちゃんがいて、ファーンを見上げていました。白い赤ちゃんブタです。朝日に照らされた耳は、ピンク色でした。)

"He's yours," said Mr.Arable. "Saved from an untimely death. And may the good Lord forgive me for this foolishness."
(「おまえのブタだよ。」お父さんが言いました。「命拾いをしたブタだ。こんなバカなことをする私を、神様が許してくださるといいんだが。」)

Fern couldn't take her eyes off the tiny pig. "Oh," she whispered. "Oh, look at him! He's absolutely perfect."
(ファーンは小さな赤ちゃんブタから目をそらすことが出来ませんでした。「まあ、見てちょうだい!本当にすてきな赤ちゃんよ。」ファーンは小さな声で言いました。)

She closed thee carton carefully. First she kissed her father, then she kissed her mother. Then she opened the lid again, lifted the pig out, and held it against her cheek. At this moment her brother Avery came into the room. Avery was ten. He was heavily armed--an air rifle in one hand, a wooden dagger in the other.
(ファーンは、箱のふたをそっと閉めてから、まずお父さんにキスすると、次はお母さんにもキスしました。それから、箱のふたをまた開けると、ブタの赤ちゃんを抱き上げて、頬ずりをしました。そのとき、お兄さんのエイヴリーが部屋に入ってきました。エイヴリーは10歳で、片手にエアライフル、片手に木の短刀と、武器で身をしっかりとかためていました。)

"What's that?" he demanded. "What's Fern got?"
(「それなに?ファーンは何をもらったの?」エイヴリーが聞きました。)

"She's got a guest for breakfast," said Mrs.Arable. "Wash your hands and face, Avery!"
(「ファーンのお客さんよ。手と顔を洗ってらっしゃい、エイヴリー。」お母さんがいいました。)

"Let's see it!" said Avery, setting his gun down. "You call that miserable thing a pig? That's a fine specimen of a pig--it's no bigger than a white rat."
(「見せてよ!」エイヴリーは、エアライフルを置いて、箱を開けるといいました。「これでもブタなのかよ?とんでもなく立派じゃないか。まるで白ねずみだ。」)

"Wash up and eat your breakfast, Avery!" said his mother. "The school bus will be along in half an hour."
(「顔と手を洗って、朝ごはんをお食べなさい、エイヴリー!スクールバスが来るまで、あと30分しかありませんよ。」)

"Can I have a pig, too, Pop?" asked Avery.
(「僕も、ブタをもらえる、父さん?」エイヴリーがたずねました。)

"No, I only distribute pigs to early risers," said Mr.Arable. "Fern was up at daylight, trying to rid the would of injustice. As a result, she now has a pig. It just shows what can happen if a person gets out of bed promptly. Let's eat!"
(「いや、だめだ。ブタをもらえるのは、早起きした者だけさ。ファーンは、夜が明けるとすぐに起きて、不公平な世の中を正そうとしたんだよ。だからこそ、ブタがもらえたんだ。ちびではあるが、ブタには違いない。早起きは三文の得だってことが、わかっただろ。さあ、朝ごはんにしよう!」お父さんがいいました。)

But Fern couldn't eat until her pig had had a drink of milk. mrs.Arable found a baby's unrsing bottle and a rubber nipple. She poured warm milk into the bottle, fitted the nipple over the top, and handed it to Fern. "Give him his breakfast!" she said.
(けれでも、ファーンは、自分が朝ごはんを食べるより先に、子ブタにミルクを飲ませなければなりません。お母さんが、赤ちゃん用の哺乳びんと、ゴムの乳首をさがしてきました、そして、その哺乳びんにあたためたミルクを入れ、乳首をはめて、ファーンにわたしました。「さあ、子ブタに朝ごはんをおやりなさい!」お母さんがいいました。)

A minute later, Fern was seated on the floor in the corner of the kitchen with her infant between her knees, teaching it to suck from the bottle. The pig, although tiny, had a good appetite and caught on quickly.
(ファーンは、すぐに台所のすみの床に腰を下ろし、ひざの上にのせた子ブタに、哺乳びんからミルクをのませました。子ブタは、小さな体にあわず、食欲おうせいで、飲み込みも早いほうでした。)

The school bus honked from the road.
(そうこうするうちに、道路のほうから、スクールバスのプップーという音が聞こえてきました。)

"Run!" commanded Mrs.Arable, taking the pig from Fern and slipping a doughnut into her hand. Avery grabbed his gun and another doughnut.
(「いそいで!」子ブタをうけとり、かわりにドーナツを1つファーンの手におしこみながら、お母さんがいいました。エイヴリーは、ドーナッツをもう1つと、エアライフルをつかみました。)

The children ran out to the road and climbed into the bus. Fern took no notice of the others in the bus. She just sat and stared out of the window, thinking what a blissful world it was and how lucky she was to have entire charge of a pig. By the time the bus reached school, Fern had named her pet, selecting the most beautiful name she could think of.
(ふたりは家から走り出て、バスに乗り込みました。ファーンは、バスに乗っているほかの子供たちのほうを見もしませんでした。座席に腰をおろすと、窓の外を見つめ、自分のブタがいて、なにからなにまで世話ができるなんて、なんてすばらしいんだろう、なんて運がいいんだろう、と考えていたのです。バスが学校につくころには、ファーンは、子ブタの名前を決めていました。考えつく中で、一番美しい名前でした。)

"Its name is Wilbur," she whispered to herself.
(「名前はウィルバーにしよう。」ファーンは、ひとり言をいいました。)

She was still thinking about the pig when the teacher said: "Fern, what is the capital of Pennsylvania?"
(それからもずっと、ファーンは子ブタのことばかり考えていました。勉強が始まって、先生がこんな質問をしたときもね。「ファーンさん、ペンシルヴァニア州の州都は、どこですか?」)

"Wilbur," replied Fern, dreamily. The pupils giggled. Fern blushed.
(「はい、ウィルバーです。」ファーンは、夢見心地でこたえました。生徒たちがくすくす笑ったので、ファーンははずかしくて真っ赤になりました。)

英文のみです。
T. Before Breakfast

"Where's Papa going with that ax?" said Fern to her mother as theywere setting the table for breakfast.

"Out to the hoghouse," replied Mrs.Arable. "Some pigs were born last night."

"I don't see why he needs an ax," continued Fern, who was only wight.

"Well," said her mother, "one of the pigs is a runt. It's very small and weak, and it will never amount to anything. So your father has decided to do away with it."

"Do away with it?" shrieked Fern. "You mean kill it? Just beacause it's samller than others?"

Mrs. Arable put a pitcher of cream on the table. "Don't yell, Fern!" she said. "Your father is right. The pig would probably die anyway."

Fern pushed a chair out of the way and ran outdoors. The grass was wet and the earth smelled of springtime. Fern's sneakers were sopping by the time she caught up with her father.

"Please don't kill it!" she sobbed. "It's unfair."

Mr.Arable stopped walking.

"Fern," he said gently, "you will have to learn to control yourself."

"Control myself?" yelled Fern. "This is a matter of life and death, and you talk about controlling myself."

Thers ran down her cheeks and she took hold of the ax and tried to pull it out of her father's hand.

"Fern," said Mr.Arable, "I know more about raising a little of pigs than you do. A weakling makes trouble. Now run along!"

"But it's unfair," cried Fern. "The pig couldn't help being born small, could it? If I had been very small at birth, would you have killed me?"

Mr.Arable smiled. "Certainly not," he said, looking down at his daughter with love. "But this is diffrent. A little girl is one thing, a little runty pig is another."

"I see no difference," replied Fern, still hanging on to the ax. "This is the most terrible case of injustice I ever heard of."

A queer look came over John Arable's face. He seemed almost ready to cry himself.

"All right," hesaid. "You go back to the house and I will bring the runt when I come in. I'll let you start it on a bottle, like a baby. Then you'll see what trouble a pig can be."

When Mr.Arable returned to the house half an hour later, he carried a carton under his arm. Fern was upstairs chsnging her sneakers. The kitchen table was set for breakfast, and the room smelled of coffee, bacon, damp plaster, and wood smoke from the stove.

"Put it on her chair!" said Mrs.Arable set the carton down at Fern's place. Then he walked to the sink and washed his hands and dried them on yhe rolled towel.

Fern came slowly down the stairs. Her eyes were red from crying. As she approached her chair, the carton wobbled, and there was a scratching noise. Fern looked at her father. Then she lifted the lid of the carton. There, inside, looking up at hr, was the newborn pig. It was a while one. The morning light shone through its ears, turning them pink.

"He's yours," said Mr.Arable. "Saved from an untimely death. And may the good Lord forgive me for this foolishness."

Fern couldn't take her eyes off the tiny pig. "Oh," she whispered. "Oh, look at him! He's absolutely perfect."

She closed thee carton carefully. First she kissed her father, then she kissed her mother. Then she opened the lid again, lifted the pig out, and held it against her cheek. At this moment her brother Avery came into the room. Avery was ten. He was heavily armed--an air rifle in one hand, a wooden dagger in the other.

"What's that?" he demanded. "What's Fern got?"

"She's got a guest for breakfast," said Mrs.Arable. "Wash your hands and face, Avery!"

"Let's see it!" said Avery, setting his gun down. "You call that miserable thing a pig? That's a fine specimen of a pig--it's no bigger than a white rat."

"Wash up and eat your breakfast, Avery!" said his mother. "The school bus will be along in half an hour."

"Can I have a pig, too, Pop?" asked Avery.

"No, I only distribute pigs to early risers," said Mr.Arable. "Fern was up at daylight, trying to rid the would of injustice. As a result, she now has a pig. It just shows what can happen if a person gets out of bed promptly. Let's eat!"

But Fern couldn't eat until her pig had had a drink of milk. mrs.Arable found a baby's unrsing bottle and a rubber nipple. She poured warm milk into the bottle, fitted the nipple over the top, and handed it to Fern. "Give him his breakfast!" she said.

A minute later, Fern was seated on the floor in the corner of the kitchen with her infant between her knees, teaching it to suck from the bottle. The pig, although tiny, had a good appetite and caught on quickly.

The school bus honked from the road.

"Run!" commanded Mrs.Arable, taking the pig from Fern and slipping a doughnut into her hand. Avery grabbed his gun and another doughnut.

The children ran out to the road and climbed into the bus. Fern took no notice of the others in the bus. She just sat and stared out of the window, thinking what a blissful world it was and how lucky she was to have entire charge of a pig. By the time the bus reached school, Fern had named her pet, selecting the most beautiful name she could think of.

"Its name is Wilbur," she whispered to herself.

She was still thinking about the pig when the teacher said: "Fern, what is the capital of Pennsylvania?"

"Wilbur," replied Fern, dreamily. The pupils giggled. Fern blushed.

日本語訳のみです。
1.朝ごはんのまえのできごと

「父さんは、斧を持って、どこへ行くの?」
お母さんを手伝って、テーブルに朝ごはんのお皿を並べていたファーンが聞きました。
「ブタ小屋よ。ゆうべ、ブタの赤ちゃんが生まれたのよ。」お母さんが答えました。
「だったら、おのを持っていくことないんじゃない?」まだ8歳のファーンは、なおも聞きました。
「赤ちゃんのうちの1頭が、出来損ないなのよ。とても小さくて、弱くて、どうやったって大きくなれっこないのよ。だから、父さんはしまつする事に決めたのよ。」
「しまつするって?殺すっていうこと?他のより小さいからっていうだけで?」ファーンは、甲高い声でさけんでいました。
お母さんが、クリームを入れたつぼをテーブルに置きながら言いました。
「怒鳴らないでちょうだいな、ファーン。父さんは、ちゃんと考えておいでなのよ。そのブタは、どっちにしても生きていけないでしょうからね。」
ファーンは、いすを押しのけて、外に走り出ました。草が夜露にぬれていて、地面は、春のにおいがしています。お父さんに追いついたときには、ファーンのスニーカーは、露でぐしょぐしょになっていました。
「ころさないで!かわいそうよ。」
ファーンは、泣いていました。
お父さんは、足を止めて、やさしくいいきかせました。
「ファーン、そろそろ自分の気持ちを抑えられるようにならなくちゃな。」
「自分の気持ち?」ファーンは、大声を張り上げました。「生きるか、死ぬかってときなのに、気持ちをおさえろですって?」
ファーンの頬を、涙がつたっています。ファーンは、お父さんの手から、斧をもぎ取ろうとしました。
お父さんが言いました。
「ファーン、私はブタの育て方に付いちゃ、おまえよりくわしいんだぞ。ひよわなのを生かしておいても、やっかいなだけだ。さあ、もう向こうへ行ってなさい!」
「でも、かわいそうよ。小さく生まれたのは、赤ちゃんブタのせいじゃないでしょ?もし私が生まれたとき、とても小さかったら、父さんは私を殺してた?」
ファーンは泣きながら言いました。
音尾さんは微笑みました。
「そんなことするわけないだろう。」
そして、お父さんは、いかにも愛しそうに、むすめのファーンを見下ろしながら、言葉をつづけました。
「だが、それとこれとは、べつなんだよ。小さな女の子と、小さな出来損ないのブタでは、話が違うんだ。」
「違わないわ。こんな不公平な話、きいたことないもの。」ファーンは、まだお父さんの斧にしがみついたまま、言いました。
お父さんのジョン・エラブルさんの顔に、不思議な表情が浮かびました。娘につられて、自分まで今にも泣きそうになっていました。
「よし、わかった。おまえはうちに戻っていなさい。私はその出来損ないをつれてくるよ。そんなに言うなら、哺乳瓶で育ててみなさい。ブタを育てるのがどんなに大変なことか分かるだろう。」
それから、30分もして家に戻ってきたお父さんは、ボール箱を抱えていました。ファーンは2階で、スニーカーを履き替えていました。台所のテーブルには、朝ごはんが並んでいて、コーヒーと、ベーコンと、しめった土壁と、ストーブで燃えている薪の煙のにおいがしていました。
「それ、ファーンのいすにのせてちょうだい!」
お母さんに言われて、お父さんは、ボール箱をファーンのいすの上におきました。それから、お父さんは流し台に行って手を洗い、輪にしたタオルで、その手を拭きました。
ファーンが、ゆっくりと階段を下りてきました。泣きはらした目が真っ赤です。いつも座るいすのほうへ行くと、上に載っているボール箱がゆらゆら揺れるのが見えました。ガリガリと引っかくような音も聞こえます。ファーンは、お父さんの顔を見ました。ボール箱を開けてみると、なかには、生まれたばかりのブタの赤ちゃんがいて、ファーンを見上げていました。白い赤ちゃんブタです。朝日に照らされた耳は、ピンク色でした。
「おまえのブタだよ。」お父さんが言いました。「命拾いをしたブタだ。こんなバカなことをする私を、神様が許してくださるといいんだが。」
ファーンは小さな赤ちゃんブタから目をそらすことが出来ませんでした。
「まあ、見てちょうだい!本当にすてきな赤ちゃんよ。」ファーンは小さな声で言いました。
ファーンは、箱のふたをそっと閉めてから、まずお父さんにキスすると、次はお母さんにもキスしました。それから、箱のふたをまた開けると、ブタの赤ちゃんを抱き上げて、頬ずりをしました。そのとき、お兄さんのエイヴリーが部屋に入ってきました。エイヴリーは10歳で、片手にエアライフル、片手に木の短刀と、武器で身をしっかりとかためていました。
「それなに?ファーンは何をもらったの?」エイヴリーが聞きました。
「ファーンのお客さんよ。手と顔を洗ってらっしゃい、エイヴリー。」お母さんがいいました。
「見せてよ!」エイヴリーは、エアライフルを置いて、箱を開けるといいました。「これでもブタなのかよ?とんでもなく立派じゃないか。まるで白ねずみだ。」
「顔と手を洗って、朝ごはんをお食べなさい、エイヴリー!スクールバスが来るまで、あと30分しかありませんよ。」
「僕も、ブタをもらえる、父さん?」エイヴリーがたずねました。
「いや、だめだ。ブタをもらえるのは、早起きした者だけさ。ファーンは、夜が明けるとすぐに起きて、不公平な世の中を正そうとしたんだよ。だからこそ、ブタがもらえたんだ。ちびではあるが、ブタには違いない。早起きは三文の得だってことが、わかっただろ。さあ、朝ごはんにしよう!」お父さんがいいました。
けれでも、ファーンは、自分が朝ごはんを食べるより先に、子ブタにミルクを飲ませなければなりません。お母さんが、赤ちゃん用の哺乳びんと、ゴムの乳首をさがしてきました、そして、その哺乳びんにあたためたミルクを入れ、乳首をはめて、ファーンにわたしました。
「さあ、子ブタに朝ごはんをおやりなさい!」お母さんがいいました。
ファーンは、すぐに台所のすみの床に腰を下ろし、ひざの上にのせた子ブタに、哺乳びんからミルクをのませました。子ブタは、小さな体にあわず、食欲おうせいで、飲み込みも早いほうでした。
そうこうするうちに、道路のほうから、スクールバスのプップーという音が聞こえてきました。
「いそいで!」
子ブタをうけとり、かわりにドーナツを1つファーンの手におしこみながら、お母さんがいいました。エイヴリーは、ドーナッツをもう1つと、エアライフルをつかみました。
ふたりは家から走り出て、バスに乗り込みました。ファーンは、バスに乗っているほかの子供たちのほうを見もしませんでした。座席に腰をおろすと、窓の外を見つめ、自分のブタがいて、なにからなにまで世話ができるなんて、なんてすばらしいんだろう、なんて運がいいんだろう、と考えていたのです。バスが学校につくころには、ファーンは、子ブタの名前を決めていました。考えつく中で、一番美しい名前でした。
「名前はウィルバーにしよう。」ファーンは、ひとり言をいいました。
それからもずっと、ファーンは子ブタのことばかり考えていました。勉強が始まって、先生がこんな質問をしたときもね。
「ファーンさん、ペンシルヴァニア州の州都は、どこですか?」
「はい、ウィルバーです。」
ファーンは、夢見心地でこたえました。生徒たちがくすくす笑ったので、ファーンははずかしくて真っ赤になりました。


Charlotte's Web2



Page Top