×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   ツバメの巣Top > Study > English > Charlotte's Web 2
*
Charlotte's Web 2
U. Wilbur
(2.ウィルバー)

Frern loved Wilbur more than anything. She loved to stroke him, to feed him, to put him to bed. Every morning, as soon as she got up, she warmed his milk, tied his did on, and held the bottle for him. Every afternoon, when the school bus stopped in front of her house, she jumped out and ran to the kitchen to fix another bottle for him. She fed him again at suppertime, and again just before going to bed. Mrs. Arable gave him a feeding around noontime each day, when Fern was away in school. Wilbur loved his milk, and he was never happier than when Fern was warming up a bottle for him. He would stand and gaze up at her with adoring eyes.
(ファーンは、ウィルバーをとても可愛がりました。ウィルバーをなでたり、ミルクをのませたり、寝かしつけたりするのも、大好きでした。毎朝、起きるとすぐに、ファーンは、ミルクを温めて哺乳びんに入れ、よだれをかけをつけた子ブタに飲ませます。学校が終わってスクールバスが家の前にとまると、ファーンはバスを飛び降りて台所へ走っていき、またウィルバーの哺乳びんを準備します。夕ご飯のときにもミルクをのませ、寝る前にもい一度ミルクをのませました。ファーンが学校に行っているお昼どきには、お母さんが毎日ミルクをのませてくれました。ウィルバーは、哺乳びんのミルクが大好きでした。そして、ウィルバーがいちばん幸せなのは、ファーンがミルクをあたためてくれているときでした。そのときはいつも、ウィルバーはうっとりした目で、ファーンを見上げていたのです。)

For the first few days of his life, Wilbur was allowed to live in a box near the stove in the kitchen. Then, when Mrs.Arable complained, he was moved to a bigger box in the woodshed. At two weeks of age, he was moved outdoors. It was apple-blossom time, and the days were getting warmer. Mr.Arable fixed a small yard specially for Wilbur under an apple tree, and gave him a large wooden box full of straw, with a doorway cut in it so he could walk in and out as he pleased.
(生まれてすぐの何日かは、ウィルバーは特別に、台所のストーブのそばに置いた箱のなかですごしました。そのうちに、お母さんから文句がでると、ウィルバーは薪小屋にうつされて、もう少し大きい箱に入れてもらいました。ウィルバーが外に引っ越したのは、生まれて2週間たったときのことです。ちょうどリンゴの花がさいて、日増しに暖かくなってきていました。お父さんのエラブルさんは、1本のリンゴの木の下に、ウィルバーのために特別のかこいをつくり、その中にわらをいっぱい入れた箱を置き、箱のしたの板を切ってウィルバーの出入り口をつくってくれました。)

"Won't he be cold an night?" asked Fern.
(「夜は、寒くないかしら?」ファーンがたずねました。)

"No," said her father. "You watch and see what he ddoes."
(「大丈夫だよ。ウィルバーがどうするか、みてごらん。」お父さんは答えました。)

Carrying a bottle of milk, Fern sat down under the apple tree inside the yard. Wilbur ran to her and she held the bottle for him while he sucked. When he hafinished the last drop, he grunted and walked sleepily into the box. Fern peered through the door. Wilbur was poking the straw with his snout. In a short time he had dug a tunnel in the straw. He crawled into the tunnel and disappeared from sight, completely covered with straw. Fern was enchanted. It relieved her mind to know that her baby would sleep covered up, and would stay warm.
(ファーンは、哺乳びんをもってくると、かこいの中に入り、リンゴの木の下にすわりました。ウィルバーがとんできて、ファーンがさしだす哺乳びんから、チュッチュッとミルクを吸いました。最後の1滴まで飲んでしまうと、ウィルバーはねむたくなったようです。鼻を鳴らしながら、箱の中に入っていきまいた。ファーンが覗いてみると、ウィルバーは、鼻で、わらをつついたり、おしたりしています。そのうちに、ウィルバーは、わらの中にトンネルを掘ってしまいました。そのトンネルのなかにもぐりこんだウィルバーの姿は、わらにかくれて、もう見えません。ファーンはすっかり感心し、ほっと安心もしました。わらの布団に包まっていれば、ブタの赤ちゃんは夜でも暖かく過ごせるはずです。)

Every morning after breakfast, Wilbur walked out to the road with Fern and waited with her till the bus came. She would wave good-bye to him, and he would stand and watch the bus until it vanished around a turn. While Fern was in school, Wilbur was shut up inside his yard. But as soon as she got home in the afternoon, she would take him out and he would follow her around the place. If she went into the house, Wilbur went, too. If she went upstairs, Wilbur would wait at the bottom step until she came doen again. If she took her doll for a walk in the doll carriage. Wlbur followed along. Sometimes, on these journeys, Wilbur would get tired, and Fern would pick him up and put him in the carriage alongside the doll. He liked this. And if he was very tired, he would close his eyes and go to sleep under the doll's blanket. He looked cute when his eyes were closed, because his lashes were so long. The doll would close her eyes, too, and Fern would wheel the carriage very slowly and smoothly so as not to wale her in fants.
(毎日、朝ごはんがおわると、ウィルバーはかこいの中に閉じ込められていました。でも昼過ぎにファーンが学校から帰ってくると、ウィルバーはかこいから出してもらって、ファーンの後をついてまわりました。ファーンが家の中に入れば、ウィルバーも家の中に入ります。ファーンが2階へ上がると、ウィルバーは階段の下でファーンが降りてくるのを待ちます。ファーンがお人形を乳母車に乗せて散歩にでれば、ウィルバーも一緒についていきました。ウィルバーが歩くのに疲れると、ファーンはだきあげて、乳母車のお人形の隣に乗せました。ウィルバーはこうしてもらうのが大好きでした。とっても疲れたときは、ウィルバーは目をつぶって、お人形の毛布をかけてもらって眠りました。ウィルバーはまつげが長かったので、目をつぶると、とてもかわいく見えました。お人形も目をつぶり、ファーンは赤ちゃんたちを起こさないように、ゆっくり、慎重に乳母車を押しました。)

One warm afternoon, Fern and Avery put on bathing suits and went down to the brook for a swim. Wilbur tagged along at Fern's heels. When she waded into the brook, wilbur waded in with her. He found into the brook, Wilbur waded in with her. He found the water quite cold--too cold for his liking. So while the children swam and played and splashed water at each other, Wilbur amused himself in the mud along the edge of the brook, where it was warm and moist and delightfully sticky and oozy.
(ある暖かい昼下がりのこと、ファーンとエイヴリーは、水着を着て、川へ泳ぎに行きました。ウィルバーも、ファーンの後からついていきました。ファーンが川へ入っていくと、ウィルバーも川へ入りました。でも冷たい水は、ウィルバーの気に入りませんでした。そこで、人間の子供たちが泳いだり、遊んだり、お互いに水をかけあったりしているあいだ、ウィルバーは川辺の泥んこの中で遊びました。泥は暖かくて、ぐちゅぐちゅで、ネチョネチョで、いい気持ちでした。)

Every day was a happy day, and every night was peaceful.
(毎日が幸せで、夜はいつも安らかに眠ることができました。)

Wilbur was what farmers call a spring pig. which simply means that he was born in springtime. When he was five weeks old, Mr.Arable said he was now big enough to sell, and would have to be sold. Fern broke doen and wept. But her father was firm about it. Wilbur's appetite had increased; he was beginning to eat scraps of food in addition to milk. Mr.Arable was not willing to provide for him any longer. He had already sold Wilbur's ten brothers and sisters.
(ウィルバーは「春子」と呼ばれるブタでした。春に生まれたブタという意味です。生まれて5週間がたったとき、お父さんのエラブルさんは、「もう大きくなったのだから、売りに出さなくちゃ。」といいました。それを聞くと、ファーンはわっと泣き出しました。でもお父さんの気持ちは変わりません。ウィルバーは何でも食べるようになり、今ではミルクだけでなく、食べ残しの野菜くずも平らげるようになっていました。お父さんには、これ以上養っておくつもりはなかったのです。ウィルバーと一緒に生まれた10匹の兄弟はたちは、もう売られてしまっていました。)

"He's got to go, Fern," he said. "You have had your fun raising a baby pig, but Wilbur is not a baby any longer and he has got to be sold."
(「このブタも売らなくちゃ。赤ん坊のブタを育てるのは楽しかっただろうが、ウィルバーはもう赤ん坊じゃない。だから、ここにはいられないんだよ。」お父さんがいいました。)

"Call up the Zuckermans," suggested Mrs.Arable to Fern. "Your Uncle Homer sometimes raises a pig. And if Wilbur goes there to live, you can walk down the road and visit him as often as you like."
(「ザッカーマン農場に聞いてごらんなさいよ。ホーマーおじさんは、ブタを飼うことがあるからね。あそこなら、あなたも好きなときにウィルバーに会いにいけるでしょ。」お母さんが提案しました。)

"How much money should I ask for him?" Fern wanted to know.
(「いくらで買ってもらえばいいの?」ファーンが聞きました。)

"Well," said her father, "he's a runt. Tell your Uncle Homer you've got a pig you'll sell for six dollars, and see what he says."
(「そうだな、こいつは、出来損ない立ったんだから、ホーマーおじさんには、6ドルで売りたい子ブタがいるんだけどっていってごらん。それで、おじさんがなんていうかだな。」と、お父さんがいいました。)

It was soon arranged. Fern phoned and got her Aunt Edith, and her Aunt Edith hollered for Uncle Homer, and Uncle Homer, and Uncle Homer came in from the barn and talked to Fern. When he heard that the price was only six dollars, he said he would buy the pig. Next day Wilbur was taken from his home under the apple tree and went to live in a manure pile in the cellar of Zuckerman's barn.
(ファーンはすぐに電話をしました。電話に出たイーディスおばさんは、大声でホーマーおじさんを呼んでくれました。ホーマーおじさんが、納屋から戻って電話口に出てきました。おじさんは、子ブタの値段がたった6ドルだと聞くと、「それなら買おう。」といってくれました。次の日、ウィルバーは、リンゴの木の下にあった家から引っ越しました。それからは、ザッカーマン農場の納屋の床下にある堆肥の山の上でくらすことになったのです。)

英文のみです。
U. Wilbur

Frern loved Wilbur more than anything. She loved to stroke him, to feed him, to put him to bed. Every morning, as soon as she got up, she warmed his milk, tied his did on, and held the bottle for him. Every afternoon, when the school bus stopped in front of her house, she jumped out and ran to the kitchen to fix another bottle for him. She fed him again at suppertime, and again just before going to bed. Mrs. Arable gave him a feeding around noontime each day, when Fern was away in school. Wilbur loved his milk, and he was never happier than when Fern was warming up a bottle for him. He would stand and gaze up at her with adoring eyes.

For the first few days of his life, Wilbur was allowed to live in a box near the stove in the kitchen. Then, when Mrs.Arable complained, he was moved to a bigger box in the woodshed. At two weeks of age, he was moved outdoors. It was apple-blossom time, and the days were getting warmer. Mr.Arable fixed a small yard specially for Wilbur under an apple tree, and gave him a large wooden box full of straw, with a doorway cut in it so he could walk in and out as he pleased.

"Won't he be cold an night?" asked Fern.

"No," said her father. "You watch and see what he ddoes."

Carrying a bottle of milk, Fern sat down under the apple tree inside the yard. Wilbur ran to her and she held the bottle for him while he sucked. When he hafinished the last drop, he grunted and walked sleepily into the box. Fern peered through the door. Wilbur was poking the straw with his snout. In a short time he had dug a tunnel in the straw. He crawled into the tunnel and disappeared from sight, completely covered with straw. Fern was enchanted. It relieved her mind to know that her baby would sleep covered up, and would stay warm.

Every morning after breakfast, Wilbur walked out to the road with Fern and waited with her till the bus came. She would wave good-bye to him, and he would stand and watch the bus until it vanished around a turn. While Fern was in school, Wilbur was shut up inside his yard. But as soon as she got home in the afternoon, she would take him out and he would follow her around the place. If she went into the house, Wilbur went, too. If she went upstairs, Wilbur would wait at the bottom step until she came doen again. If she took her doll for a walk in the doll carriage. Wlbur followed along. Sometimes, on these journeys, Wilbur would get tired, and Fern would pick him up and put him in the carriage alongside the doll. He liked this. And if he was very tired, he would close his eyes and go to sleep under the doll's blanket. He looked cute when his eyes were closed, because his lashes were so long. The doll would close her eyes, too, and Fern would wheel the carriage very slowly and smoothly so as not to wale her infants.

One warm afternoon, Fern and Avery put on bathing suits and went down to the brook for a swim. Wilbur tagged along at Fern's heels. When she waded into the brook, wilbur waded in with her. He found into the brook, Wilbur waded in with her. He found the water quite cold--too cold for his liking. So while the children swam and played and splashed water at each other, Wilbur amused himself in the mud along the edge of the brook, where it was warm and moist and delightfully sticky and oozy.

Every day was a happy day, and every night was peaceful.

Wilbur was what farmers call a spring pig. which simply means that he was born in springtime. When he was five weeks old, Mr.Arable said he was now big enough to sell, and would have to be sold. Fern broke doen and wept. But her father was firm about it. Wilbur's appetite had increased; he was beginning to eat scraps of food in addition to milk. Mr.Arable was not willing to provide for him any longer. He had already sold Wilbur's ten brothers and sisters.

"He's got to go, Fern," he said. "You have had your fun raising a baby pig, but Wilbur is not a baby any longer and he has got to be sold."

"Call up the Zuckermans," suggested Mrs.Arable to Fern. "Your Uncle Homer sometimes raises a pig. And if Wilbur goes there to live, you can walk down the road and visit him as often as you like."

"How much money should I ask for him?" Fern wanted to know.

"Well," said her father, "he's a runt. Tell your Uncle Homer you've got a pig you'll sell for six dollars, and see what he says."

It was soon arranged. Fern phoned and got her Aunt Edith, and her Aunt Edith hollered for Uncle Homer, and Uncle Homer, and Uncle Homer came in from the barn and talked to Fern. When he heard that the price was only six dollars, he said he would buy the pig. Next day Wilbur was taken from his home under the apple tree and went to live in a manure pile in the cellar of Zuckerman's barn.

日本語訳のみです。
2.ウィルバー

ファーンは、ウィルバーをとても可愛がりました。ウィルバーをなでたり、ミルクをのませたり、寝かしつけたりするのも、大好きでした。毎朝、起きるとすぐに、ファーンは、ミルクを温めて哺乳びんに入れ、よだれをかけをつけた子ブタに飲ませます。学校が終わってスクールバスが家の前にとまると、ファーンはバスを飛び降りて台所へ走っていき、またウィルバーの哺乳びんを準備します。夕ご飯のときにもミルクをのませ、寝る前にもい一度ミルクをのませました。ファーンが学校に行っているお昼どきには、お母さんが毎日ミルクをのませてくれました。ウィルバーは、哺乳びんのミルクが大好きでした。そして、ウィルバーがいちばん幸せなのは、ファーンがミルクをあたためてくれているときでした。そのときはいつも、ウィルバーはうっとりした目で、ファーンを見上げていたのです。
生まれてすぐの何日かは、ウィルバーは特別に、台所のストーブのそばに置いた箱のなかですごしました。そのうちに、お母さんから文句がでると、ウィルバーは薪小屋にうつされて、もう少し大きい箱に入れてもらいました。
ウィルバーが外に引っ越したのは、生まれて2週間たったときのことです。ちょうどリンゴの花がさいて、日増しに暖かくなってきていました。お父さんのエラブルさんは、1本のリンゴの木の下に、ウィルバーのために特別のかこいをつくり、その中にわらをいっぱい入れた箱を置き、箱のしたの板を切ってウィルバーの出入り口をつくってくれました。
「夜は、寒くないかしら?」ファーンがたずねました。
「大丈夫だよ。ウィルバーがどうするか、みてごらん。」お父さんは答えました。
ファーンは、哺乳びんをもってくると、かこいの中に入り、リンゴの木の下にすわりました。ウィルバーがとんできて、ファーンがさしだす哺乳びんから、チュッチュッとミルクを吸いました。最後の1滴まで飲んでしまうと、ウィルバーはねむたくなったようです。鼻を鳴らしながら、箱の中に入っていきまいた。ファーンが覗いてみると、ウィルバーは、鼻で、わらをつついたり、おしたりしています。そのうちに、ウィルバーは、わらの中にトンネルを掘ってしまいました。そのトンネルのなかにもぐりこんだウィルバーの姿は、わらにかくれて、もう見えません。ファーンはすっかり感心し、ほっと安心もしました。わらの布団に包まっていれば、ブタの赤ちゃんは夜でも暖かく過ごせるはずです。
毎日、朝ごはんがおわると、ウィルバーはかこいの中に閉じ込められていました。でも昼過ぎにファーンが学校から帰ってくると、ウィルバーはかこいから出してもらって、ファーンの後をついてまわりました。ファーンが家の中に入れば、ウィルバーも家の中に入ります。ファーンが2階へ上がると、ウィルバーは階段の下でファーンが降りてくるのを待ちます。
ファーンがお人形を乳母車に乗せて散歩にでれば、ウィルバーも一緒についていきました。ウィルバーが歩くのに疲れると、ファーンはだきあげて、乳母車のお人形の隣に乗せました。ウィルバーはこうしてもらうのが大好きでした。
とっても疲れたときは、ウィルバーは目をつぶって、お人形の毛布をかけてもらって眠りました。
ウィルバーはまつげが長かったので、目をつぶると、とてもかわいく見えました。お人形も目をつぶり、ファーンは赤ちゃんたちを起こさないように、ゆっくり、慎重に乳母車を押しました。
ある暖かい昼下がりのこと、ファーンとエイヴリーは、水着を着て、川へ泳ぎに行きました。ウィルバーも、ファーンの後からついていきました。ファーンが川へ入っていくと、ウィルバーも川へ入りました。でも冷たい水は、ウィルバーの気に入りませんでした。そこで、人間の子供たちが泳いだり、遊んだり、お互いに水をかけあったりしているあいだ、ウィルバーは川辺の泥んこの中で遊びました。泥は暖かくて、ぐちゅぐちゅで、ネチョネチョで、いい気持ちでした。
毎日が幸せで、夜はいつも安らかに眠ることができました。
ウィルバーは「春子」と呼ばれるブタでした。春に生まれたブタという意味です。生まれて5週間がたったとき、お父さんのエラブルさんは、「もう大きくなったのだから、売りに出さなくちゃ。」といいました。それを聞くと、ファーンはわっと泣き出しました。でもお父さんの気持ちは変わりません。ウィルバーは何でも食べるようになり、今ではミルクだけでなく、食べ残しの野菜くずも平らげるようになっていました。お父さんには、これ以上養っておくつもりはなかったのです。ウィルバーと一緒に生まれた10匹の兄弟はたちは、もう売られてしまっていました。
「このブタも売らなくちゃ。赤ん坊のブタを育てるのは楽しかっただろうが、ウィルバーはもう赤ん坊じゃない。だから、ここにはいられないんだよ。」お父さんがいいました。
「ザッカーマン農場に聞いてごらんなさいよ。ホーマーおじさんは、ブタを飼うことがあるからね。あそこなら、あなたも好きなときにウィルバーに会いにいけるでしょ。」お母さんが提案しました。
「いくらで買ってもらえばいいの?」ファーンが聞きました。
「そうだな、こいつは、出来損ない立ったんだから、ホーマーおじさんには、6ドルで売りたい子ブタがいるんだけどっていってごらん。それで、おじさんがなんていうかだな。」と、お父さんがいいました。
ファーンはすぐに電話をしました。電話に出たイーディスおばさんは、大声でホーマーおじさんを呼んでくれました。ホーマーおじさんが、納屋から戻って電話口に出てきました。おじさんは、子ブタの値段がたった6ドルだと聞くと、「それなら買おう。」といってくれました。
次の日、ウィルバーは、リンゴの木の下にあった家から引っ越しました。それからは、ザッカーマン農場の納屋の床下にある堆肥の山の上でくらすことになったのです。


Charlotte's Web 3



Page Top